FC2ブログ

『赤き晩餐に魔女は笑う』 おさらい3。

以下の記事はおさらい・その2の続きです。読んでいない方は、そちらを先にご覧ください。

さて、ずいぶん間が開いてしまいました。理知担当:雨です。
前回の最後に提示した謎。

「KILLの血文字」
そして、「井戸の底の女性が書き遺したらしい、『the note』の血文字」。

壁から下へと垂れていく血の跡は、井戸の底の女性のところまで続いています。
どうやらこの「KILL」は、殺された女性が書いたらしい。
「KILL the note?」
直訳すれば「ノートを殺せ」。しかし、ノートは殺せません。アナグラム? 別の読み方が?
「LL」の、下に引っ張られた部分まで文字と思えば、「K177」と読めなくもない。
この「ダイイングメッセージ」をめぐって巻き起こった論争は実に熱く、楽しいものでした。

「殺される人物がその直前に『KILL』なんて書くか? 変だろう」
「死ぬ直前に書き遺すとしたら何?」
「そりゃ、犯人の名前でしょう」
「そうか、じゃああのメイドさんの名前は『キルちゃん』だな!!」
「そうかキルちゃんか! って、それが分かったからってどうなんよ」

「ポーカーフェイスで」と演技指導していたはずの進行役のゾンビメイド、ここでツボに入ってしばらく壁を向いて肩を震わせていました。……このあと、スタッフ間でも「キルちゃん」と呼び習わされるようになったことは秘密。

さて、午前の部の方々は、早々にこの謎を解くヒントを見つけていました。
これです。

IMG_0233.jpg

「KISS?」と、一目見て思った方が大半。
もうお分かりですね。
IMG_kill.jpg
この壁の血文字こそが、「KISS」と読まれるべきメッセージでした。
つないで読むと、「KISS the note」。
そして、「the note」――「僕の手帳」の裏表紙には、赤い丸印と「← Do here」の書き込み。

赤い丸印に参加者の誰かがキスすると、部屋にいるゾンビメイドが首から提げていた鍵を渡してくれます。
蝶のストラップのついたこの鍵を、同じ蝶のついている宝箱の錠前に使います。すると、中からビンに入った「水」が出てきます。

ここで、必要なアイテムはほぼ出そろいます。
宝箱から出てきた「紙ナプキン」。
メイドの鍵で手に入れた「水のビン」。
「黒い菱形」の裏の「贈り物」を使うと出現する、ワインボトル。
IMG_0216.jpg

実はこのボトル、ラベルもぷりんちゃんの手作りで、
よく読むと「Ma jogorossi」とつづられています。
イタリア語風にしてみたんですが、まんま「魔女殺し」と読める酒だったのです。
どうだ、誰も気づいてなかっただろう。(……寂)

そして最後の謎。
壁に掲げられた四枚の絵画のうちの最後の一枚には、
全員がマントを掲げて隠れ、呪文を唱えている図案がありました。
今までの経験上、その図案の通りにすればイベントが進むのは分かっているのですが、
肝心の呪文が、血で塗りつぶされていて読めない。

ここまで来たらあと一歩、です。
宝箱から出てきた紙ナプキンをボトルの水で濡らし、血をふき取ります。
そうすると、汚れの下から呪文が。
花瓶に偽装されていたワイングラスにワインを注ぎ、
絵の通りにスタンバイして、
呪文をみんなで唱えれば、ゲームはラストシーンへ突入します。
魔女が登場し、首尾よく眠るまでマントの影に隠れていて……、
魔女が眠ったら、勇気を出して、近寄る!!

魔女がネックレスのように首から提げている、最後の鍵。
金色の蜘蛛の装飾のついたそれに、参加者の誰かが触ることができた瞬間に、
ゲームはクリアとなります。


いやもう、拍手、拍手。
皆さん実に真剣に、楽しんで、熱中してゲームに参加してくださったおかげで
僕らもとても濃密な時間を過ごすことが出来ました。
すごく楽しかった。


さて、
実はAMG(アワジシマ・ミステリー・ゲームジッコウイインカイ)では、
『赤き晩餐に魔女は笑う』に次ぐ、第二回のイベント開催を企画中であります。
これからぼちぼちそちらについてもご報告しつつ、
あと一回か二回くらい、『赤き~』のネタで書くかもしれません。
迷推理とか名推理とか小ネタとか、いっぱいあったわけなんだよ……。

また長くなってしまった。
とりあえず本日はこれにて。


スポンサーサイト



2011-06-12 : #1 『赤き晩餐に魔女は笑う』 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

公演情報


■本公演情報■


2019年は
本公演の開催予定はありません。





■イベント参加情報■


アマゴイ -AMGI-
Abeno
Mystery
Game
Invitation

日時:2019年9月6日START
場所:大阪府大阪市「昭和町」

昭和町周辺で体験できる周遊ゲームイベントです。
あめふり・きのが制作参加しております。

遊び方→ アマゴイ公式サイト
twitter→ @a_m_g_i

キット購入→ カフェCLIP



ドラマクションシティ
日時:2019年12月7日、8日
場所:東京都某所

PandRさま主催のミッション型イマーシブイベント。
「烏鷺房」さまとのコラボレーション企画。



淡路島ミステリーゲーム(AMG)

淡路島ミステリーゲーム

Author:淡路島ミステリーゲーム
略して「AMG」

兵庫県南部にある淡路島で、
ゴシック×ミステリー×ホラーな
体感・参加型謎解きゲームを
企画・主催しています。


【淡路島ミステリーゲームとは】

あなたは、その場に留まれる時間内に、その場所から抜け出せる「鍵」を見つけ出し、生還しなくてはなりません。

詳しくは【こちら】をご覧ください。





【公式ホームページ】
淡路島ミステリーゲーム広報分室

【youtubeでPVを公開中!】
 ■ 第3弾 其の① ■
 ■ 第3弾 其の② ■

メンバー紹介

淡路島ミステリーゲームは
以下のメンバーで企画しています。

・あめ(代表/理知担当)
・きの(広報/演出担当)
・かなた(デザイン/ヘア担当)
・たかこ(運営/隙間担当)
・ぷりん(デザイン/ホラー担当)

Twitter

 

淡路島情報

Twitterでご案内した、AMGメンバーが推薦する淡路島観光情報をまとめました。

メディア情報

≪2012/11/28 産経新聞 島友むすび≫
           (担当:ぷりん)
 産経新聞・淡路欄の「島友むすび」に、
 ぷりんが書いた記事が掲載されました。
 こちらからご覧ください。

≪2012/10/24 産経新聞 島友むすび≫
            (担当:きの)
 産経新聞・淡路欄の「島友むすび」に、
 きのが書いた記事が掲載されました。
 こちらからご覧ください。

≪2012/10/17 産経新聞 島友むすび≫
           (担当:たかこ)
 産経新聞・淡路欄の「島友むすび」に、
 たかこが書いた記事が掲載されました。
 こちらからご覧ください。

≪8/4 今昔科学語 心理学VS科学2≫
           (出演:雨)
===USTREAMで公開中===

 Produced by 青春あるでひど in なんば紅鶴

スタッフ募集中!

 私達と一緒にゲームを盛り上げてくださるボランティアスタッフを募集しております。
 詳しい内容については、
 メールフォーム
 または
 メール
 でお問い合わせください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

「淡路島ミステリーゲームからのお知らせ」をご希望の方へ

淡路島ミステリーゲームからのお知らせをご希望の方は、下記よりメールアドレスのご登録をお願いいたします。
メールアドレス

QRコード

QR