スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

『赤き晩餐に魔女は笑う』おさらい。1

さて。
淡路島ミステリーゲーム第一回『赤き晩餐に魔女は笑う』にご参加くださった皆様、
しばらくぶりです。理知担当、雨です。
あれから三週間が経過しました。みなさん、いかがお過ごしですか?
あのゲームの一時間を越すようなワクワクを抱えて、日々を送られていますか?

「毎日充実して楽しい!」「あんなゲーム、俺の日常の興奮の比じゃないぜ」という方は、
とても幸せだとおもいます。
ちょう羨ましい。僕もあのドキドキを毎日味わって暮らしたいものです。

「毎日あんなんじゃ身が持たないけど、たまの休みならまた味わいたいよね」
「まずまず楽しめた。また参加を考えてやってもいいけど?」というややツンデレの皆さん、
はたまた今回は参加を見送られたみなさん、
そもそも開催時ぜんぜん知らなかった、興味がなかったぜ、というみなさんも、
きっといらっしゃると思います。
そんな方々のために、まあ過ぎたことではあるんだけど、ちょっと楽しかった思い出を反芻してみましょう。

僕たちと皆さんで作り上げたあのゲーム、
『赤き晩餐に魔女は笑う』とは、いったいどんなものだったのか?
思い出してニヤニヤするもよし、次回参加を検討している人は予習するもよし、
次に誰かを誘うときの説明用にしてもよし。
ゲームの流れをざっくり追いつつ、僕も裏話などをしていきたいと思います。

まず、開場時間に集ってくれた皆さんの手元には、最初にこれが配られましたね。

「『僕』の手紙」です。

ゲームのスタート前に、この手紙と一緒に勝利条件がアナウンスされました。
「60分以内に、会場内にちりばめられた謎を解き、『最後の鍵』に触れること」。


ゲームスタート前にこの手紙を熟読しておくだけで、
実はゲームの謎の主要部分が解ける仕組みになっていました。
無事に館からの生還を果たしたみなさんはもうご存知ですね。

隠されたこの手帳を拾って、しゃがんだまま読んでいるきみ。
そのままそっと顔を上げて、部屋の全体を見渡すんだ。
左手の絵画には意味がある。
右手の落とし穴に気をつけろ。
正面に見える黒い菱形の真裏
に、僕からの贈り物を残しておく……。



この「手紙」、
実は皆さんより以前にこの晩餐に招待され、あえなく「彼女」に「され」てしまった、
「僕」の手帳からの引用です。
これと同じ文句が書かれた「手帳」の実物が会場内に落ちていました。
中を見ればわかることですが、この手帳はページが何枚も破られていて、
会場内のあちこちに隠されています。
この失われたページを探すのが、最初の作業となったわけですね。

午前の回の人は、「隠されたこの手帳」をゲームのしょっぱなに何気なく動かしてしまったせいで、
「拾って、しゃがんだまま読」むことができなくなり、
「正面に見える黒い菱形」を見つけられなくなって、一苦労でしたよね。
午前の回には紛らわしい格好をした「屋敷しもべ妖精」もいたので、
愉快な混乱が起きていました(笑)
その後、「黒い菱形」というヒントだけを頼りに「贈り物」を見つけ出したのは
まさに観察力と根気の勝利でありました。

逆に午後の回の人は、かなり最初の段階で、
正確に「黒い菱形」の位置を推測の上見つけ出して、「贈り物」を手にしました。
あまりの作業の速さに、僕をはじめスタッフ一同は内心冷や汗でありました。

手帳の破られたページを集めていくと、
「最後の鍵は部屋の中にはない」ことがわかります。
部屋から出るには鍵が必要。
でもその鍵は部屋の中にない。

どうする?

というのが、序盤最大の謎であります。
まあ、実際のゲームでは、
これはほとんど問題にならないうちにさらっと突破されてしまいましたね。


(続く!)

スポンサーサイト
2011-05-29 : #1 『赤き晩餐に魔女は笑う』 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

公演情報


■本公演情報■


2017年は
本公演の開催はありません。





■イベント参加情報■

AMG初のトークイベント
「AMGのつくりかた」


【日程】
 2017年9月9日(土)
18:00~20:00

【場所】
 なんば紅鶴
 (大阪市中央区千日前2-3-9
レジャービル味園2F)

【参加費】
 2,000円+1drink別

【チケット】
 Peatixにて絶賛受付中
 ※参加費と1drink代は
   当日会場にて頂戴します。





PandRさまとのコラボ企画
 ドラマクション・カジノ 
「 劇 動 遊 戯 」


【日程】
 2017年9月23日(土)
12:30~16:30

【場所】
 JACK&QUEEN
 (大阪市浪速区難波中3-14-16
セイアンビル1階)

【参加費】
 5,000円(1drink付)

【チケット】
 8/19(土)21:00販売開始
 Yahoo! Pass Marketにて



淡路島ミステリーゲーム(AMG)

淡路島ミステリーゲーム

Author:淡路島ミステリーゲーム
略して「AMG」

兵庫県南部にある淡路島で、
ゴシック×ミステリー×ホラーな
体感・参加型謎解きゲームを
企画・主催しています。


【淡路島ミステリーゲームとは】

あなたは、その場に留まれる時間内に、その場所から抜け出せる「鍵」を見つけ出し、生還しなくてはなりません。

詳しくは【こちら】をご覧ください。





【公式ホームページ】
淡路島ミステリーゲーム広報分室

【youtubeでPVを公開中!】
 ■ 第3弾 其の① ■
 ■ 第3弾 其の② ■

メンバー紹介

淡路島ミステリーゲームは
以下のメンバーで企画しています。

・あめ(代表/理知担当)
・きの(広報/演出担当)
・かなた(デザイン/ヘア担当)
・たかこ(運営/隙間担当)
・ぷりん(デザイン/ホラー担当)

スタッフ募集中!

 私達と一緒にゲームを盛り上げてくださるボランティアスタッフを募集しております。
 詳しい内容については、
 メールフォーム
 または
 メール
 でお問い合わせください。

メディア情報

≪2012/11/28 産経新聞 島友むすび≫
           (担当:ぷりん)
 産経新聞・淡路欄の「島友むすび」に、
 ぷりんが書いた記事が掲載されました。
 こちらからご覧ください。

≪2012/10/24 産経新聞 島友むすび≫
            (担当:きの)
 産経新聞・淡路欄の「島友むすび」に、
 きのが書いた記事が掲載されました。
 こちらからご覧ください。

≪2012/10/17 産経新聞 島友むすび≫
           (担当:たかこ)
 産経新聞・淡路欄の「島友むすび」に、
 たかこが書いた記事が掲載されました。
 こちらからご覧ください。

≪8/4 今昔科学語 心理学VS科学2≫
           (出演:雨)
===USTREAMで公開中===

 Produced by 青春あるでひど in なんば紅鶴

淡路島情報

Twitterでご案内した、AMGメンバーが推薦する淡路島観光情報をまとめました。

Twitter

 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

「淡路島ミステリーゲームからのお知らせ」をご希望の方へ

淡路島ミステリーゲームからのお知らせをご希望の方は、下記よりメールアドレスのご登録をお願いいたします。
メールアドレス

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。