スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

第7弾『機械仕掛けのトロイメライ』ネタバレその1 ~オープニング~

 こんばんは、謎担当あめふりです。
 
 淡路島ミステリーゲーム第7弾「機械仕掛けのトロイメライ」、
 全21公演、無事、終了いたしました!!
 AMG初、200人越えのお客様に楽しんでいただいた作品となります。
 遠いところからはるばるお越しくださったみなさま、
 淡路島観光をいっぱい楽しんで下さったみなさま、
 本当にありがとうございました!
 
 AMGはけっこうニッチな団体であるという自覚はあるんですが、
 今回の作品は特に、その傾向が濃く出たのではと思います。
 賛否両論あり、どちらのご意見もありがたく拝聴しました。
 賛否どちらのご意見にせよ、反響は今までで一番大きかったように感じます。
 
 ゴールデンウィーク公演から半年、
 長いようで短かった、われわれの「機械仕掛けのトロイメライ」も、
 この秋公演で幕引きとなり、ネタバレ解禁となります。
 物語と謎の解説を行いたいと思いますので、
 遊んで下さったお客様も、そうでないお客様も、
 今一度この物語を振り返るのに、お付き合いくださいませ。
 


今ではないいつか、
ここではないどこかで、
人類の夢の発明が、ついに完成を見ました。
エネルギーを必要としない原動機、
<永久機関> です。
 
本物の花も果物も、美しい小鳥もいなくなった
荒廃した砂と鉄屑ばかりの大地に、
この永久機関、通称<オルゴール・エンジン>を積んだ旅客列車は
忽然と姿を現わしました。
完成お披露目の初運行に、一般の人々の中から、
10名の客を招くといいます。
 
数えきれないほどの人々が、このうたい文句に殺到し、
ほんの一握りの人々が、奇跡の切符を手にしました。
 
あなたは、その幸運な10人のうちの一人。
見知らぬ乗客たちと共に、期待に胸をふくらませて、
列車に乗り込みます。
 
走り始めたが最後、
列車が本当に、永遠に止まらないとも知らずに。
 
淡路島ミステリーゲーム第7弾 
『機械仕掛けのトロイメライ』
 
その叫びが、夢に終止符を打つ。

 


 
 このお話はまさしく、
 夢に終止符が打たれる物語でした。
 それまでの経緯を、一緒に振り返ってまいりましょう。
 

 上述の通り、今回の舞台は、「永遠に走り続ける列車」です。
 会場では双子のメイドがお出迎えして、
 チケットをもぎる時から、「乗車券を拝見いたします」と声をかけます。
 待合室に一歩踏み込めば、そこは車内です。
 ゲームの開始前から、自由に見て回っても良いと言われます。
 じゃんじゃん見てやりましょう。
 「淡路島牛丼食べ歩きマップ」やら「たこせんべいの里パンフレット」などが積んであるのはご愛嬌!
 
待合1待合3待合4待合2
 
 謎に関係ありそうなものもあります。
価格表・前
 はて、かっこいいターン…… とは。
 おみかん? ナット? リドルブック??
 
景品表
 どうやら「解答」を出すと景品がもらえるようです。
 宝箱の鍵とか、気になる。
 
 乗客が10人揃い、ひととおり諸注意などを受けたところで、
 列車の車掌を名乗る人物が言います。
 
「みなさん、お揃いですね。
 さて、もう一人、お客様がいらっしゃるはずなんですが……」
 
 そこで、メイドさんのかわいい悲鳴が。
「キャサリン、様子を!」
 促されて、もう一人のメイドさんが走っていきますが……また、悲鳴が。
「どうした!?」
 車掌自ら出ていき、車掌自ら「きゃー」と悲鳴をあげます。
 
 そこへ、優雅に現れる最後の乗客。
 長い髪を結い、コルセットをまとい、黒いバッスルスカートの裾を引き、
 羽根のついた黒い扇子を片手にしゃなりしゃなりと登場する、「マダム」。
 
「みなさま、ごきげんよう。そして車掌、このたびは初運行、おめでとう」
 どうやらこのマダム、この永久機関、ひいては列車の開発の、資金援助をしていたようです。
「博士の夢は、わたくしの夢。
 博士が亡くなり、二十歳になったばかりの孫娘のマリアも行方不明……
 この研究を引き継ぐ者はいないのかと思っていましたよ」
 にこやかに車掌に語りかけるマダム。
 荷物持ちの付き人から、紙幣くらいの大きさの紙が渡されます。
「これは、心ばかりのお祝いよ」
 
 のちほど分かることですが、これは大変高額な小切手です。
 車掌は喜びいさんでマダムを客車へ案内し、それにともなって残る乗客も客車内へと導かれます。
 
 客車には椅子が並び、皆さんはそこに並んで座るよう指示されます。
「さて皆さん、本日は御乗車まことに有難うございます。
 この列車は、オルゴール・エンジンと呼ばれる、永久機関のエンジンを積んでおります。
 もちろん、この列車も永遠に止まることはありません」
 
 えっ?
 
「皆さま一生、この素晴らしい発明とともに、過ごすことが出来るのです!」
 
 えっ??
 
「聞いてないぞ!」「一生は困る!」というブーイングの上がる回あり、
「いえーい!」「ひゅーひゅー!」「もう仕事に行かなくていいんだ!」という歓声の上がる回あり。
 
「皆さまお静かに! それでは早速、出立のメロディを入力いたしましょう。……キャサリン!」
 
 呼ばれた双子のメイドさんと三人で、車掌は指さし確認をします。
「エンジン演奏の心得!」
演奏の心得
 
「わたくしがせーのと言ったら、みなさん声を揃えて『発進!』でお願い致します!」
 
 室内の全員で「はっしーん!」と「曲名を宣言」したあと、
 車掌とメイドさんが手分けをしてベルを鳴らします。
ベル
 ベルの音楽が鳴ると、どこからともなく、同じメロディが追いかけて聞こえます。
 人の歌声のようにも聞こえますが……
 
 汽笛が鳴り、機関車が動き始める音がします。
「無事出発いたしました! これで皆さんは、一生この列車と一緒です!」
 じつに嬉しそうに宣言する車掌。
 しかしその途端、激しいアラーム音が鳴り響き、
 エンジンルームの中から争うような激しい音と、メイドさんの悲鳴が聞こえてきます。
 あわてて飛び込んでいくもう一人のメイドさん。
「アラート99! アラート99! 侵入者です!」
「アラート99! アラート99! 侵入者です!」
 二人のメイドさんが交互に繰り返しながら、一人の男を引きずり出してきます。
 次々と被害報告を読み上げるメイドさん。
 車掌のほうは憎々しげに、侵入者の男を睨みつけます。
「その男を車外へ放り出せ!」
 しかし、規則違反だと突っぱねるメイドさんたち。
「車掌命令だ! いいから放り出せ!」
 
 ここで、皆さんの正面のスクリーンに、ミッションが表示されます。
 合図と同時に「ちょっと待った!」と言え、というもの。
 
 あくまで規則を守るメイドさんに、車掌が業を煮やします。
「融通の利かない……、では私がやる!」
 男に向かって車掌が近付いていったタイミングで……
 
「「「ちょっと待った!」」」
 
 声を揃えましょう。
 
 車掌はびっくりします。
「何事ですかお客様。この男は、エンジンと列車を切り離そうとしたのですよ!
 そんなことをしたら、オルゴールエンジンは永久機関ではなくなってしまいます!
 
 ここに、脱出のヒントがひとつあります。
 永遠に動き続けるエンジンを止めることができれば、列車も止まる。
 ひょっとするとこの侵入者は、皆さんの味方になるかもしれません……
 
「いいじゃないの、乗せておあげなさいよ」
 と、客席後部からマダムが声をかけます。
「旅のお供に、イケメンは大事よ♡」
 マダムに説得されて、車掌はしぶしぶ男の同乗を許します。
「しかし、皆様の安全のために、これだけは使いますよ」
 と、手錠を取り出して、男を椅子につないでしまいます。
 
 車掌は、手錠の鍵をメイドさんに渡しますが……
「価格設定をしてください」
 と言われてしまいます。
 
「これは、車内販売のアイテムではないんだよ」
「無効な文字列です。価格設定をしてください」
「非売品だってば!」
「無効な文字列です。価格設定をしてください」
 さっきのやり取りといい、この受け答えといい、どうもメイド二人はロボットのようです。
 車掌は頭を抱えますが……
 
「お客様、つかぬことを伺いますが、所持金はおいくらほど?」
 
 この世界では日本円が使えません。
 ぽかんとしている乗客に、お金持ちのマダムが自腹のお金「おみかん」を見せてくれます。
トランクおみかん
 トランクいっぱいに現ナマが詰まっているマダムであります。
 
 もちろん乗客のみなさんは、おみかんを所持していません。
 客が無一文であることを確認した車掌ですが、同時に、みなさんが謎解きに関して、腕に覚えのある猛者揃いであることも見抜きます。念には念を。
 
「40おみかんにしよう」
「設定しました。手錠の鍵=40おみかんで、価格表を上書き保存します」
 
価格表・前価格表・後
 されてます。
 
 さて、侵入者の男のせいで(おかげで、と言うべきでしょうか)、永久機関の機能には障害が発生したようです。修復には約60分が必要と言われます。
 みなさんのするべきことは、60分の猶予の間に、なんとかして永久機関であるオルゴール・エンジンを、永久機関でなくしてしまうこと、なのですが……
 
 いったいどうすればいいのか、この時点ではわかりません。
 
 
「それでは皆様、良い旅を!」
 
 
 ゲームがスタートし、客車内は自由に動き回って良いと言われますが……
 無一文だし、探索しても小謎問題が出てくるわけでもないし、いったいどうしたものやら。
 
 まあでは、できる事からやってみましょう。
 
 
 つづく。

スポンサーサイト

2015-10-17 : #7『機械仕掛けのトロイメライ』 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

公演情報


■本公演情報■


2017年は
本公演の開催はありません。





■イベント参加情報■

AMG初のトークイベント
「AMGのつくりかた」


【日程】
 2017年9月9日(土)
18:00~20:00

【場所】
 なんば紅鶴
 (大阪市中央区千日前2-3-9
レジャービル味園2F)

【参加費】
 2,000円+1drink別

【チケット】
 Peatixにて絶賛受付中
 ※参加費と1drink代は
   当日会場にて頂戴します。





PandRさまとのコラボ企画
 ドラマクション・カジノ 
「 劇 動 遊 戯 」


【日程】
 2017年9月23日(土)
12:30~16:30

【場所】
 JACK&QUEEN
 (大阪市浪速区難波中3-14-16
セイアンビル1階)

【参加費】
 5,000円(1drink付)

【チケット】
 8/19(土)21:00販売開始
 Yahoo! Pass Marketにて



淡路島ミステリーゲーム(AMG)

淡路島ミステリーゲーム

Author:淡路島ミステリーゲーム
略して「AMG」

兵庫県南部にある淡路島で、
ゴシック×ミステリー×ホラーな
体感・参加型謎解きゲームを
企画・主催しています。


【淡路島ミステリーゲームとは】

あなたは、その場に留まれる時間内に、その場所から抜け出せる「鍵」を見つけ出し、生還しなくてはなりません。

詳しくは【こちら】をご覧ください。





【公式ホームページ】
淡路島ミステリーゲーム広報分室

【youtubeでPVを公開中!】
 ■ 第3弾 其の① ■
 ■ 第3弾 其の② ■

メンバー紹介

淡路島ミステリーゲームは
以下のメンバーで企画しています。

・あめ(代表/理知担当)
・きの(広報/演出担当)
・かなた(デザイン/ヘア担当)
・たかこ(運営/隙間担当)
・ぷりん(デザイン/ホラー担当)

スタッフ募集中!

 私達と一緒にゲームを盛り上げてくださるボランティアスタッフを募集しております。
 詳しい内容については、
 メールフォーム
 または
 メール
 でお問い合わせください。

メディア情報

≪2012/11/28 産経新聞 島友むすび≫
           (担当:ぷりん)
 産経新聞・淡路欄の「島友むすび」に、
 ぷりんが書いた記事が掲載されました。
 こちらからご覧ください。

≪2012/10/24 産経新聞 島友むすび≫
            (担当:きの)
 産経新聞・淡路欄の「島友むすび」に、
 きのが書いた記事が掲載されました。
 こちらからご覧ください。

≪2012/10/17 産経新聞 島友むすび≫
           (担当:たかこ)
 産経新聞・淡路欄の「島友むすび」に、
 たかこが書いた記事が掲載されました。
 こちらからご覧ください。

≪8/4 今昔科学語 心理学VS科学2≫
           (出演:雨)
===USTREAMで公開中===

 Produced by 青春あるでひど in なんば紅鶴

淡路島情報

Twitterでご案内した、AMGメンバーが推薦する淡路島観光情報をまとめました。

Twitter

 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

「淡路島ミステリーゲームからのお知らせ」をご希望の方へ

淡路島ミステリーゲームからのお知らせをご希望の方は、下記よりメールアドレスのご登録をお願いいたします。
メールアドレス

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。