スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

ネタバレ解説の時間です! 幕間。

さて、謎の解説ばっかり進めてまいりましたが、
このあたりで、この公演のストーリーを振り返ってみましょう。

参加者は、受付を済ませた瞬間から、「アリス」と呼ばれます。
「おはよう、アリス」「こっちだ、アリス」「本当におばかなアリスたち!」
小さい扉に入ろうと近付くと、「そんなでっかい図体で入れるわけないでしょ、ばかなアリス」。
序盤で明かりが欲しいと芋虫に頼むと「こんなに明るいのに何に使うの。ばかなアリス」。

行動を起こさずに話し合いばかりしていると、ハートのクィーンがご機嫌斜めになってムチを振り回したりします。
「あーあー、ばかなアリス共! どうして自分の才能を使わないんだい!」
遊び部屋を抜けて時計ウサギのところへ行くと、ウサギはびっくりして言います。
「遊びの時間なのに勉強部屋へ来るなんて、いったいどうしたんだ、アリス!」
「素晴らしい成長だ。見直したよ、アリス達!」
協力アクションをすべてこなすと、いかれ帽子屋が最後にこう言います。
「この謎を解くなんて! 今のアリス達なら、もしかしたら……」

「もしかしたら」……何でしょう?
全員別々の個性があるのに、なぜか同じ名前をつけられた、13人の「アリス」達。
「ばかね」「ばかね」と言いながら、アリス達が個々の才能を生かしたり、協力したりするのを待っている、
この奇妙な館の住人たちは、いったい何を期待しているのでしょう?


遊び部屋の中には、赤い絵本がありました。
登場人物は「A」と「M」、そして「かいぶつ」。
そのお話の中では、何人もの「A」が次々と「かいぶつ」に襲われて居なくなり、
「M」は必死に「A」を守ろうと手をつくしますが、どうしても歯が立たず……
最終的に「M」は「かいぶつ」を閉じ込めて鍵をかけることで、
「A」の安全を確保します。

けれども、何人もの「A」の中には、「かいぶつ」の扉を開けてしまう者もいて……
そうした「A」は、二度と戻ってきませんでした。

今も「M」は毎日「かいぶつ」に挑みますが、やはり倒せません。
「にどとあえないさよならなんて、もうききたくありません。
 いってらっしゃいといえるように なりたいのです。」
と、絵本は締めくくられます。

絵本02

たくさんいて、怪物の扉を開けてはいけない「A」は、「アリス」だと見当がつきます。
「M」はその母親だと説明されています。「ママ」……お母様のことです。
では、お母様が閉じ込め、そして毎日挑んでいるのに倒せない「かいぶつ」とは、
いったい何でしょう?
その扉を開ける時、アリスはなぜ「さよなら」と言い残して「にどと戻らない」のでしょう。
アリスが扉に入る時、お母様はなぜ「いってらっしゃいといえるように」なりたいのでしょう。
扉を開けることを禁じているなら、「行くな」とこそ言うべきなのに。

ゲーム中、スペード7のアリスは、芋虫から授業を受けることが出来ます。
「クイズです。この円の中から、私を出して。ただし、私は線を越えることはできない」
「もし、このワンダーランドが球だったらと考えて。円の外って、どっち?」

もしワンダーランドが球だったら

答は、「芋虫がいる場所を円の外側と定義すれば、外に出たことになる」です。
円をどんどん広げていったと想像すると、地球上でいえば赤道を越したあたりで、円の内と外が入れ替わることが感覚的に分かるでしょう。

ダイヤの7のアリスは、ウサギから授業を受けることが出来ます。
「メビウスの輪を知っているか? 二次元のリボンを、ねじって三次元の輪にすると、表と裏の区別がなくなる」
「同様に三次元の立体を、ねじって四次元にすると、理論上、外側と内側の区別がなくなる。外にあるものが内側にあることになる」

「とっても大事なことだから、理解したアリスは理解していないアリスに教えてあげるように」と、釘を刺されます。
これはいったいどういうことでしょう?

今日も「いつものように、お出かけ」しているお母様が、
小さい扉の向こうに「閉じ込めて」いる怪物とは、いったい何なのか。
この謎が、このストーリーの最後の謎となります。
スポンサーサイト
2013-05-20 : #5『不思議の家の禁じられた扉』 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

公演情報


■本公演情報■


2017年は
本公演の開催はありません。





■イベント参加情報■

AMG初のトークイベント
「AMGのつくりかた」


【日程】
 2017年9月9日(土)
18:00~20:00

【場所】
 なんば紅鶴
 (大阪市中央区千日前2-3-9
レジャービル味園2F)

【参加費】
 2,000円+1drink別

【チケット】
 Peatixにて絶賛受付中
 ※参加費と1drink代は
   当日会場にて頂戴します。





PandRさまとのコラボ企画
 ドラマクション・カジノ 
「 劇 動 遊 戯 」


【日程】
 2017年9月23日(土)
12:30~16:30

【場所】
 JACK&QUEEN
 (大阪市浪速区難波中3-14-16
セイアンビル1階)

【参加費】
 5,000円(1drink付)

【チケット】
 8/19(土)21:00販売開始
 Yahoo! Pass Marketにて



淡路島ミステリーゲーム(AMG)

淡路島ミステリーゲーム

Author:淡路島ミステリーゲーム
略して「AMG」

兵庫県南部にある淡路島で、
ゴシック×ミステリー×ホラーな
体感・参加型謎解きゲームを
企画・主催しています。


【淡路島ミステリーゲームとは】

あなたは、その場に留まれる時間内に、その場所から抜け出せる「鍵」を見つけ出し、生還しなくてはなりません。

詳しくは【こちら】をご覧ください。





【公式ホームページ】
淡路島ミステリーゲーム広報分室

【youtubeでPVを公開中!】
 ■ 第3弾 其の① ■
 ■ 第3弾 其の② ■

メンバー紹介

淡路島ミステリーゲームは
以下のメンバーで企画しています。

・あめ(代表/理知担当)
・きの(広報/演出担当)
・かなた(デザイン/ヘア担当)
・たかこ(運営/隙間担当)
・ぷりん(デザイン/ホラー担当)

スタッフ募集中!

 私達と一緒にゲームを盛り上げてくださるボランティアスタッフを募集しております。
 詳しい内容については、
 メールフォーム
 または
 メール
 でお問い合わせください。

メディア情報

≪2012/11/28 産経新聞 島友むすび≫
           (担当:ぷりん)
 産経新聞・淡路欄の「島友むすび」に、
 ぷりんが書いた記事が掲載されました。
 こちらからご覧ください。

≪2012/10/24 産経新聞 島友むすび≫
            (担当:きの)
 産経新聞・淡路欄の「島友むすび」に、
 きのが書いた記事が掲載されました。
 こちらからご覧ください。

≪2012/10/17 産経新聞 島友むすび≫
           (担当:たかこ)
 産経新聞・淡路欄の「島友むすび」に、
 たかこが書いた記事が掲載されました。
 こちらからご覧ください。

≪8/4 今昔科学語 心理学VS科学2≫
           (出演:雨)
===USTREAMで公開中===

 Produced by 青春あるでひど in なんば紅鶴

淡路島情報

Twitterでご案内した、AMGメンバーが推薦する淡路島観光情報をまとめました。

Twitter

 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

「淡路島ミステリーゲームからのお知らせ」をご希望の方へ

淡路島ミステリーゲームからのお知らせをご希望の方は、下記よりメールアドレスのご登録をお願いいたします。
メールアドレス

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。